今の工場が建てられた当初は、多治見ということもありタイル工場だったそうです。
その後、湯葉工場になり、豆腐工場になり家具工場になりました。
今も所々に面影が残っております。





改装を重ねたことで窓の先が壁という窓が事務所にあり、開業当初からぶち抜こうと思って1年が過ぎてしまいました。







急に思い立ってサッシを解体。
開けてしまった以上やりきらなくてはいけない状態に。



今週中にはガラスが入る予定。

前の記事

ベンチ納品

次の記事

窓その2